カテゴリー別アーカイブ: 未分類

熊本アトピアクリニックと提携しました。

このたびエネルギーステーションは、熊本県のアトピー専門の医療機関アトピアクリニックと提携し、医療補助として遠隔気功を活用したアトピー性皮膚炎の改善活動に取り組むことになりました。

昨年7月より、アトピアクリニックの稲葉院長と合同で、7名の患者さんに対して試験的に遠隔気功の施術を継続してきました。個人差はありましたが大半のケースで症状の改善が認められましたので、四月以降正式に症状に応じて当院の気功施術を推奨して頂けることになりました。

アトピー性皮膚炎は痒みだけでなく、お子さん、そして親にとっては精神的にも非常に高いストレスがかかります。また掻き癖がつくと患部以外にも皮膚炎が拡大していきます。

稲葉先生は、副作用のあるステロイドに頼らないアトピーの根本治療を
追及されるなかで、精神的な部分の
改善の為には気功が有効であるという仮説を立てられ、お声をかけていただきました。

これからも自分のチカラを過信することなく修行を続け、最大限子供や、ご両親の辛さを軽減できるようじっくりと取り組んでいきたいと思います。

http://atopia-clinic.jp/modules/pages/index.php?lid=1

下がり鎖骨

下がり鎖骨

今日の朝のテレビで、肩コリについて興味深い特集をやっていました。

かつては肩コリの原因はストレートネックと言われてきましたが、最新の学説では肩コリの最大の原因は、下がり鎖骨 であることが明らかになってきたそうです。

下がり鎖骨になるとなで肩になり、筋肉が引っ張られて緊張した状態になり、血管を圧迫するので血行不良と疲労物質の蓄積によってコリが発生するようです。

たしかにエネルギーステーションにいらっしゃる肩コリがひどい方は、下がり鎖骨になっており、鎖骨のくぼみのところを押すと手や頭が痛くなる程神経の圧迫があります。また皆さん肩甲骨まわりがガチガチで
連関性があります。

テレビでは、ボートを漕ぐような動作で肩甲骨まわりを柔らかくする、ボート漕ぎ体操が有効ではあるが、それより大切なことは日々の正しい姿勢で、下がり鎖骨は姿勢の悪さが原因であるため、特にスマホ操作の際は首や肩が前に出ないよう注意しましょうとのことでした。

  1. エネルギーステーションでは、肩甲骨まわりの深層のコリと腕や首の反射区に気を入れることにより、緊張をほぐし可動域を飛躍的に改善します。

出雲に行ってきました

おはようございます。Tanてす。

先週は夏休みで、今日から会社です。

先週は大好きな出雲に旅行にいきました。今回はレンタカーで、いろんなところを廻りました。その中でもとくによかったのが、神魂神社(かもす神社)です。国宝に指定されている神社なのですが、混雑とは無縁な田んぼの中にポツリと存在しています。

その名の通り神様の魂の神社なので、雰囲気は独特のものがあります。まず、御手水がすごい、天然石に苔がびっしりとついていてオブジェのようです。

image

階段を上がると、そこが境内です。

image

そこの雰囲気の素晴らしさは、写真や文章では伝えにくいので、是非実際に行ってみることをお勧めします。

それからこちらは、佐太神社です。ここにもいきました。残念ながら今回本殿は大修理中でしたのて、昨年の冬に参拝したときの写真です。緑色のハート型のオーブが写りました。それからその後神社の上に鷹が飛んできて神社の上の木に止まっていたんです。

鷹は神様のつかいとも言われているそうで、有り難かったです。ちょっと写りが悪いですが、写真もとりました。

image

image